実家が近ければ頼るという解消


私は、一人の息子がいて、三歳になるのですが、産後には、産後クライシスに陥ってしまった事があります。産後には、精神的に不安定になってしまい、実家から遠い場所に住んでいるので、一人で日中育てることが出来るのかどうか、と不安になったりしていました。

主人は息子が生まれても、平常通りで、全くこちらの不安なども考えていません。

また、産後のしんどいときに、主人が、なんども義両親を連れてきては、息子を見せようとしていたので、イライラが募ってしまい、不満をぶちまけてしまい、大げんかになりました。

何も世話をしないくせに、会いにくるだけ会いに来て騒ぐだけの義両親とも付き合いたくないと思いましたし、旦那も正直うっとうしいと思いました。

このため、産後には、里帰りを考えていたのですが、里帰りの期間を大幅に伸ばしました。最初は、二週間ぐらいの予定だったのですが、大体三ヶ月ぐらいまで伸ばして、旦那と極力合わないようにして、実家で羽を伸ばしていました。

そうするうちに、イライラとストレスが徐々に解消されていきました。

産後すぐには、旦那と全く会いたくなかったのですが、徐々に気持ちが落ち着いてきて、ゆとりを持つことが出来るようになりました。

また、里帰りから帰った後も、また旦那の顔を見るたびにストレスが溜まったり、全てを一人でこなすのが大変で、産後クライシスがぶり返したりしましたが、また実家に帰って息抜きをして解消しました。

良くない方法ですが離婚という手段で解決出来ました


産後、1週間後位で旦那が大嫌いになりました。嫌いで嫌いで仕方なくてどうしようもないほどでした。その当時は、里帰り出産中の病院へすぐ駆けつけなかった、里帰り中、子供になかなか会いに来なかったり、子供の授乳や夜泣きでしんどいので、子供と寝ていたら寝てばかりいるとか言われたり、兎に角自己中な事ばかり言っていました。里帰りからいつになったら帰ってくるんだ!とか言われた事もありましたし、すごく嫌いで仕方がなかったです。私は出産して母になり、自分を犠牲にしても子供の世話をしているのに、常に自分本位の行動ばかりでケンカも絶えませんでしたし、生理的にも受け付けなくなりました。何度か話し合いもしましたが、自分の事ばかりで…なんて言うか私が子供子供と言えば言うほど、子供よりも自分を大事にしろみたいな行動や言動がありました。

そのうち、家にいるのもつらくなり度々実家に戻るようになり、私の我慢の限界が来て、子供を連れて家を出てしまいました。その後、直すからと何度も言われましたが、私の気持ちは変わらず最終的に離婚しました。最近、産後クライシスの記事を読むとまさに私だと思いますが、見ているとそのまま行く人と、夫婦関係を修復していく人といるようですが、修復するには絶対的に、旦那さんが奥さんを大事にして出来る限り育児に参加、妻の育児への不安を取り除く等努力しないと本当に難しいと思います。「嫁、母親なんだからこの位やって当たり前」なんて感覚でいると修復は無理だと思います。

母乳の出ない私と育児の主導権を握ろうとする夫、夫婦仲はぎくしゃく

初めての出産で私は赤ちゃんの事で頭がいっぱいでした。そして、母乳が出なくてとても苦しんでいたのですが、夫は「母乳が出ないならミルクをあげたら良い」とか、そのメーカーのおむつは良くないからこれを使った方が良いといって買ってきたり、私の気持ちを逆なでする様な事ばかりしてきました。

夫は、私が頼りないと思ったのか自分が中心となって子育てをしなければならないと思った様です。

ですが、母乳が出ない事で悩んでいる私からすると「母親失格だ」と言われている気持ちになり、どんどん夫が嫌いになって行きました。

そして、極めつけは近くに住む姑が毎日子供の顔を見に来るようになり「母乳をあげなさい」と連発された事でした。この事で私の心は完全に折れてしまい、ある時夫に全ての不満をぶちまけました。

そこで、夫と大ゲンカになってしまったのですが、お互い「初めての育児」に必死になりすぎていたのだという事に気が付きました。

姑に関しても、単にアドバイスをしているだけだと夫は主張しましたが私がどれだけ傷ついているのかという事を時間をかけて説明すると分かってくれた様でした。

姑には夫からそれとなく話してくれた様でそれからは毎日来ることは無くなりました。

赤ちゃんが6か月を過ぎた頃には地域の子育てスポットを探し、同じ年代の子供を持つママと交流する様になると、案外みんな同じような経験をしていて「悩んでいるのは私だけじゃないんだ」と思える様になり、心に少し余裕が出来たのか夫との仲も改善しました。

夫は最初からいないものと思うことが解決のひとつ

産後に、気分の落ち込みは誰でもあると感じます。そしてそれをなんとかしたいと思って、夫を頼ることになります。本にも、そのように頼ることが大切と書かれていることが多いですね。しかし、夫に頼ることが当然と思うと、より産後クライシスが強くなります。

私の場合も、産後クライシスとなりました。それは、子育てや自宅のことなど、自分で全てしていると思ってストレスがマックスになったからです。実際のところは、夫も手伝ってくれていることもあるのに、まだまだ足りないと思ってしまうんですね。その時、夫にもっとして欲しいと思っていました。

産後は、子育てのために外出することもできなくなります。そのため、余計に産後にストレスを溜めることになるのです。そのストレスのはけ口がどこにもないのです。そんな時には、やっぱり夫に頼ることになります。しかし、夫の帰りが遅い時や飲んでくる時など、その感情を抑えることができないこともありました。その時、離婚をするかもと思うこともありました。

そのことについて、友人に相談をしてみたのです。すると相談をした段階である程度、スッキリしました。夫の愚痴を話すのです。それだけでも随分と違います。するとその友人から、夫はいないものとするべきという、とても良いアドバイスをもらうことができました。それは夫は仕事を頑張ってくれている、それだけでいいのではないかというのです。

その時、頭が楽になりました。夫は仕事を頑張ってくれている、そのことを考えて乗り切りました。

寝室を別にするのは避けた方がいいでしょう

以前何かで「血液型O型の女性は出産した途端、妻であることよりも母であることを優先する」と書かれているのを読んだことがありますが、私自身、まさにそのとおりでした。子どもが生まれたら子どもがかわいくてかわいくて、夫は誰よりも愛すべき存在ではなく、第一に子どもを守ってくれるべき存在へと私の中では変化してしまいました。

我が家にとって条件的に悪かったのは夫が板前なので、毎晩、仕事から帰ってくるのが夜中過ぎだということでした。子どもが生まれる前はそれでも寝室を同じくしていたのですが、その当時から私は夫の帰宅により睡眠を妨げられることが不満でした。それで、子どもが生まれた後は夫を寝室から追い出し、夫婦の寝室は私と子どもの寝室となりました。夫が嫌いになったわけではありませんでしたが、夜中の授乳や夜泣きに対応するためにも、それは自然な流れだったのです。

夫は文句も言わずに日常生活を送っていましたが、私もようやく育児に慣れてきたら夫の寂しさにも気づけるようになりました。私たちの場合、大ゲンカをしたわけでもなく、夫から不満を言われたわけでもなく、すべてが自然に起こり、自然におさまるところへおさまった感じです。ですからあまり他の方の参考になるようなことはないかもしれませんが、1つだけ言えることがあります。

それは女性にとっては出産は一大事ですが、男性にとっては自分の体に変化があらわれるわけでもなく、生活が激変する程度も女性に比べると低いので、そこに二人の間に温度差ができるのは当然のことと思います。せっかく二人の愛の結晶を授かったのですからお互いに相手に対する思いやりを持ってこの時期を乗り切ってください。

産後ってホントに大変。自分が自分じゃなくなるとき

産後に夫婦仲が悪くなること、ありますしつらかったです。きっと相手のほうもつらかったでしょう。でもあの時には、自分が自分じゃなくなって、人格崩壊という感覚すらありました。24時間続く育児の壮絶さは自己崩壊を招きます。ちょっと誰か手伝ってくれなければ、夜は全く眠れません。赤ちゃんは3時間眠ればよいほうでした。

要するに、親は3時間の睡眠もとりにくいという状態だったのです。昼間は、「大人は普通の生活をしなさい。」といわれて起きて家事などをいたします。夜は「寝る時間だよ。」といわれましても、赤ちゃんは夜泣き、眠れません。自分の感情は、悲しくなったり、怒り狂ったり、嵐のように吹き荒れています。パートナーのことは疎ましくて、もう少し手伝ってほしいのに理解してもらえないことに苦しみました。

本当につらい日々でした。赤ちゃんのことは仕方ありません。パートナーのことは、他人ですからどうしようもありません。どうしようもありながら、困ってしまう部分は自分の感情の起伏が異常に激しいということです。これはいわゆる産後鬱なのでしょう。

夫婦中が悪くなることは当然のごとくおこりました。だって相手なんかしている暇はないのです。解消の方法といたしましては、双方が、産後鬱について勉強するしかありません。時間がたつと治るということがわかりますと、お互いに希望をもって生活することができました。

一人目で産後クライシス 余裕がないのが原因だった?

私たち夫婦が産後クライシスに陥ったのは一人目の出産後でした。当時私は27歳、夫は26歳。若かったですが妊娠してから結婚したわけでもなく、なかなかできなかった待望の第一子、しかも夫が熱望していた男児でした。

なのに、産後は非常に夫婦の関係が悪かったです。大きな原因のひとつは、子供に先天性の障害があったことでした。命にかかわることではなく、手術で治療していくことのできる障害でしたが、出産後うちの両親はそれを受け入れることができず、顔を見に来ることがなかったのです。

間を取り持つべく、入院中は夫は奮闘していましたが、いつしか腹立たしく思うようになったのでしょう。しかし、いざ退院すると、初孫かわいさに両親も足しげく通ってくるようになりました。夫からしたらそれが気に入らない。でも私からしたら、ただでさえ初めての子供の上に手間のかかる障害児、普段家にいない夫よりも、頼みやすい自分の親に頼ることが増えてきました。

それに加えて、産後のせいか、一時夫の顔を見るのもいやになり、夫婦仲は最悪だったと思います。夫が子供の面倒を見ることもありませんでした。それもまた嫌気がさす原因でした。しばらくは離婚も頭をよぎるほど険悪でしたが、生後二ヶ月を過ぎて子供の首も座り、よく笑うようになり、夜も寝るようになって、私にも余裕が出て、夫も子供がかわいくなってきたようです。

そのころからなんとなく二人で子供の世話をするようになり、自然と元通りになりました。二人目は全くそんなことがなかったので、やはりお互いに余裕がなかったのかなと思います。

大切なのは、相手を思いやる気持ちと余裕、そして溜めないこと

初めての子供を産んだ後に、こんなに愛おしい人はいないというくらい自分の赤ちゃんが可愛くて可愛くてたまらなかったです。

主人とは、恋愛結婚で結婚して、3年目でした。妊娠中もつわりの時にも気遣ってくれたり、大きくなってくると腰痛がひどい私にマッサージをしてくれて、とても優しくサポートしてくれました。

出産も立会出産に間に合い、支えてくれて、仕事が忙しいのに合間をぬって入院中の娘と私に会いに来てくれました。

入院が終わって家に戻ると、ほとんど仕事が忙しく休みがない主人だったので娘と二人の生活が続きました。

どんどん娘への愛情が大きくなればなるほど、反比例して何となく主人のことがめんどくさくなってしまっていました。また、どこかでずっと愛情があるとはいえ、24時間自由がなく子育てをずっとしているのは私で、ずるい思ってしまったのが本音です。余裕がなくなっていて、相手を思いやる事が出来なくなっていたのだと思います。

主人は仕事が忙しくなり、私もこんな状態でイライラしていたので、お互いに喧嘩はなくても、いつもと雰囲気が違うなと感じていました。このままでは、いけないと思い、主人が、休みの日にお互いがどう思っているかを話合いました。主人は仕事が忙しく、きつく思っていたが、私がむすめの事ばかりで寂しく思ってしまったし、愚痴が言えなくなってたとの事でした。私も自分の気持ちを正直に伝えました。

すると、今まで愛情が抱けなかったのに不思議なくらい抱き締めたくなりました。一人じゃなかった、この人も苦しかったんだと反省しました。それからは、何でも言える関係で自分で言うのもですが、いい夫婦で家族だと思います。