夫は最初からいないものと思うことが解決のひとつ

産後に、気分の落ち込みは誰でもあると感じます。そしてそれをなんとかしたいと思って、夫を頼ることになります。本にも、そのように頼ることが大切と書かれていることが多いですね。しかし、夫に頼ることが当然と思うと、より産後クライシスが強くなります。

私の場合も、産後クライシスとなりました。それは、子育てや自宅のことなど、自分で全てしていると思ってストレスがマックスになったからです。実際のところは、夫も手伝ってくれていることもあるのに、まだまだ足りないと思ってしまうんですね。その時、夫にもっとして欲しいと思っていました。

産後は、子育てのために外出することもできなくなります。そのため、余計に産後にストレスを溜めることになるのです。そのストレスのはけ口がどこにもないのです。そんな時には、やっぱり夫に頼ることになります。しかし、夫の帰りが遅い時や飲んでくる時など、その感情を抑えることができないこともありました。その時、離婚をするかもと思うこともありました。

そのことについて、友人に相談をしてみたのです。すると相談をした段階である程度、スッキリしました。夫の愚痴を話すのです。それだけでも随分と違います。するとその友人から、夫はいないものとするべきという、とても良いアドバイスをもらうことができました。それは夫は仕事を頑張ってくれている、それだけでいいのではないかというのです。

その時、頭が楽になりました。夫は仕事を頑張ってくれている、そのことを考えて乗り切りました。